人気のファッション通販サイトはアパコレでチェック。国内、海外の最新ブランドからアパレル、ファッション情報を発信。自分の好きな服を選んで魅力アップ。

ボディローション・ボディミルク・ボディオイルの違いってなに?

e2b45d47f8b9bbc993ac821cbf832955_s

きちんとしたケアをしたいというときに利用するのが、ボディローションを始めとしたスキンケア用品です。
しかし、さまざまな種類がありどれを使ったら良いのか分からないことも多いと思います。
そんなときには、しっかりそれぞれの特徴を理解してから自分に合ったものを選んでいくことが大切です。

 

ボディローションとは

ローションとは化粧水という意味で、ボディローションは軽やかな使い心地の物になります。
ボディオイルやクリームとの違いは油分を含まないということがあげられます。
ボディローションは基本的に水とエタノールを含んでおり、ボディケア用品の中でもさっぱりとした使い心地にです。
製品によっては油分を含んでいますが、それでもさっぱりと使用感になります。

使い方としては、ボディクリームやオイルの前に塗ってから使うことがおすすめです。
身体の化粧水ですので保湿をすることを目的としたケア用品で、肌のダメージや背中など部位によって使い分けることでより高い効果を発揮させることができます。

ボディミルクとは

3c350eecd9743cb714e343fc3685de2c_s

ボディミルクはボディクリームやオイルに比べて、浸透性が良いのが特徴です。
ボディローションが身体用の化粧水であるのに対し、ボディミルクは身体用の乳液といえます。

クリームよりも水分量が多くとろりとした質感で、少量でも広範囲に使うことができクリームよりも油分が少ないためべたつかないのが特徴です。
乾燥の酷い冬場にはクリームを使い、夏はミルクでべたつかないようにケアをしていくなどの季節に合わせて使い分けていくことをおすすめします。

ボディオイルとは

ボディオイルは、ココナッツオイルやホホバオイルなどの美容オイルのことをいいます。
保湿力はクリーム並に高く、オイルのため滑りが良く浸透性が高いというのも特徴です。
マッサージをするように肌に馴染ませることで、肌を柔らかくする効果があります。

また、オイルの種類によって効果が異なるのも特徴といえます。
オリーブオイルやアルガンオイルは抗酸化作用に優れているためアンチエイジング効果が期待でき、ホホバオイルは肌に潤いを与える効果があり比較的べたつかない、ローズヒップオイルは酸化が早いが美肌効果がある、ココナッツオイルには高い保湿力が期待できるなどの違いがあります。

クリームとオイルを混ぜて使うことによって、伸びが良くなり保湿力も上げることができるため乾燥が酷い時などは組み合わせて使うことも良いとされています。

関連記事