人気のファッション通販サイトはアパコレでチェック。国内、海外の最新ブランドからアパレル、ファッション情報を発信。自分の好きな服を選んで魅力アップ。

ここに注意!他とは異なる基礎化粧品の使用期限について

%e3%81%8a%e3%80%80%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%82%ac%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%aa%e3%82%a4%e3%83%ab%ef%bc%91

化粧品には、その全てに使用期限があることを御存知でしょうか?
ちなみに使用期限は、個々の化粧品によって異なるものです。

毎日使用する基礎化粧品だからこそ、期限切れのものを使用したくはありません。
そこで今回は、『ここに注意!他とは異なる基礎化粧品の使用期限』についてご紹介していきます。


未開封でも要注意!基礎化粧品の使用期限

基礎化粧品には、使用期限があります。
それは、開封をしている場合でも、未開封の場合でも、必ずあるものです。

未開封の時には、およそ3年が目安とされているようですが、製造年月日が記載されていない化粧品に関しては、正直なところいつ製造されたものであるかについての判断は難しいところです。

その為、なるべくなら購入してから短期間で、全てを使い切るようにしたいものです。

未開封であっても油断は禁物!
それが基礎化粧品なのですね。

ちなみにこの使用期限とは、保存状態が良い場合に適用されるものであり、高温多湿な環境下に置かれたものの場合は、使用期限が短くなります。
また、未開封の場合であっても、防腐剤などの化学物質が配合されていないオーガニックコスメなどは、更に使用期限が短くなることでしょう

オーガニックコスメであるかどうかに関わらず、購入後はなるべく早く使用しましょう。


開封済み基礎化粧品の使用期限は短い

開封済みの基礎化粧品は、使用期限がわずか半年程度です。

しかし、大ボトルを購入して使用しているような人や、複数の基礎化粧品を順番に使用しているような人の場合は、半年経ってもまだまだ残量が多いはず。
そこで『少しぐらいなら・・・。』と考え、半年以上使用している人だって珍しくはありません。

そもそも使用期限について考えることもないという人の場合は、2~3年後に余っている分を再度使用する、なんてこともあるのではないでしょうか?

実はその化粧品は、品質低下のみならず、雑菌が大繁殖をした状態であり、ニキビなどの原因にも繋がるということを頭に入れておかなければいけません。

なるべくならこれからは、基礎化粧品を購入した日と、開封をした日をボトルに記載しておき、使用期限切れではないかということについても確認をした上で使用されることがおすすめです。

ちなみに美容オイルについてですが、オイルは大変酸化しやすいものがあるそうです。
酸化しやすいものの場合、開封後2か月程度を境に、大量の雑菌繁殖が見られるなんて情報も。

よって、基礎化粧品は、油分の多いものであればあるほど、早めに使いきることをおすすめします。


基礎化粧品に製造日が記載されていない理由について

あなたは、基礎化粧品のボトルを細かく確認したことはありますか?
パッケージやブランド、化粧品名称など、これらのみを見て購入しているのではないでしょうか?

最近では成分にまで目を通す人が増えているようですが、ボトルに記載されている情報を細かく確認して購入しているなんて人は大変少ないと言えます。

ちなみに基礎化粧品をよくよく確認すると、その多くには、製造日の記載がありません。
これは薬事法で定められていないことや、たとえ基礎化粧品が製造から3年以上経過をしていたとしても、中身が劣化しないケースもあるからです。

もちろん未開封で3年以内であっても、沈殿しているケースや、劣化をしてしまっているというケースはあります。

必ずしも3年以内に使用しなければ・・・。
というものではありませんが、購入後は早めに使用をするに越したことはありません。

基礎化粧品は一つ当たりの値段が高額なものも多々あるので、品質落ちの商品を使用しているなんて、考えたくもないことですよね。

また、安い時に大量買いをしようなんてことも避け、自宅にて長期保存を行わないことや、回転率の良い店舗にて商品を購入することなども大切なことだと言えるでしょう。


冷蔵保管はNGなケースもある

基礎化粧品には、高温多湿な環境を避け、冷暗所で保存をするようにとの記載があります。
しかし、夏場には棚などに入れておいても、温度の上昇を免れることができません。

そこで、冷蔵庫で冷やすことを考える人もいます。

温かいお風呂にゆっくりと入り、開いた毛穴を冷たい化粧水で引き締めると、アンチエイジングに役立つなんて考える人もいますよね。

しかし、冷蔵保管には注意点があります。

そもそも冷蔵庫に入れてしまうと、基礎化粧品の温度低下は激しくなるので、それにより成分が凝固してしまうこともあります。
これにより、肌への浸透率の低下も気になりますよね。

また、冷蔵保管をした基礎化粧品を使用して、そのまま冷蔵庫に入れるのを忘れてしまうなんてことがあれば、急激な温度変化に耐えられなくなった化粧品は、劣化してしまうことになります。

これで一気に使用期限も短くなるので、冷暗所での保存と記載されていることで、冷蔵庫での保存を考えるというのはNGなわけではないようですが、常温での保管が推奨されているケースは多いようです。

関連記事