人気のファッション通販サイトはアパコレでチェック。国内、海外の最新ブランドからアパレル、ファッション情報を発信。自分の好きな服を選んで魅力アップ。

うっかりつけてしまった【ファンデーション】のシミ!綺麗に落とすコツとは?

2016.11.05

%e3%81%b2%e3%80%80%e6%97%a5%e7%84%bc%e3%81%91%e6%ad%a2%e3%82%81%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0

女性の方は、襟周りなどに、うっかり【ファンデーション】のシミをつけてしまうこともありますよね。
【ファンデーション】により、せっかくのお気に入りの洋服が、着られないようになるなんて悲しすぎます。

そこで今回は、衣類についた【ファンデーション】のシミを落とすコツについてご紹介していきます。


【ファンデーション】のシミは落とせるシミです!

【ファンデーション】のシミは、普通に洗濯をしただけでは、綺麗に落ちてくれません。
肌色の【ファンデーション】が、そのままの状態でくっきりと残ってしまうケースが多くなります。

少量のシミであればまだしも、うっかりとリキッドファンデーションをこぼしてしまうようなことがあれば、もうその洋服はゴミ箱行きのように思われてしまうこともあります。

しかし、実は【ファンデーション】のシミ抜きにはコツがあり、その方法を実践するだけで、簡単にシミを落とすことができるんです。

ただし、シミ抜きは、一度洗濯をしてしまう前に実施しなければいけません
繰り返し洗濯をしてしまうことで、本当に落とせないシミと化してしまうので、ファンデーションが衣類についたと気付いた時点で、素早くシミ抜きを行なうようにしておきましょう。


シミ抜きには何が必要?

【ファンデーション】のシミ抜きには、
・クレンジングオイル
・中性洗剤(食器用洗剤)
・綿棒か歯ブラシ(歯ブラシは使用済でOK)
・乾いたタオル

上記を用意しておきます。

【ファンデーション】のシミ抜きは、基本的には特別なものを必要としないため、普段からメイクをする女性の方であれば、染み抜きを行なうことができるわけです。

ただし、ミルククレンジングなどを使用している人の場合は、【ファンデーション】のシミが綺麗に落としきれないこともあります。

クレンジングオイルであれば何でもOKなので、もしクレンジングオイルがないような場合であれば、100円均一などで販売されているものを購入するようにして、なるべくクレンジングオイルを用意するようにしておきましょう。

また、台所で使用する食器用洗剤ですが、最近では中性ではないものもあります。
シミ抜きに使用するには、中性洗剤と記載されているものが良いので、使用前に一度チェックしてみましょう。

用意するものには細かなポイントがあるので、もしかすると、女性の方でも購入が必要となるものがあるかもしれませんね。


早速シミ抜き開始!!

用意した
・中性洗剤
・クレンジングオイル
上記を、ほぼ同量で混ぜていきます。

ファンデーションのシミの幅にもよりますが、そんなにたくさん使用せずともシミ抜きは行なえるので、少しずつ混ぜ合わせるようにしておきましょう。

クレンジングオイルのみで取れるケースもあるので、とくに中性洗剤を使用せずともOKな場合もありますが、中性洗剤にて分解をしてあげることにより、溶けだした【ファンデーション】のシミの広がり対策に繋がるので、予め混ぜておくことがおすすめです。

次に衣類の下にタオルを敷き、混ぜた中性洗剤とクレンジングオイルを歯ブラシや綿棒につけ、とんとんとたたいていきます
この時、あまりにも力を入れ過ぎてしまうと、洋服が傷んでしまうので、なるべく洋服を傷つけない程度に優しく行なうようにしておきましょう。

【ファンデーション】が溶けだしたことを確認したら、【ファンデーション】のシミ部分をぬるま湯でさっと洗い流し、綺麗に落ちれば完了です!

あとは他の衣類と同様に、一般的な洗濯洗剤を入れた洗濯機にて洗濯を行なえば、【ファンデーション】のシミは綺麗に落ちることでしょう。


シミ抜きにはコツがある!?

【ファンデーション】の染み抜きを行なう時は、実際に行なってみてガッカリするものですが、間違った方法にて染み抜きを実践してしまうと、溶けだした【ファンデーション】が広がりを見せるんです。

【ファンデーション】の染み抜きを実施する時には、いかにシミを広げないかも、重要度が高まるポイントなんですよ。

ちなみに染み抜き方法としては、クレンジングオイルなどをつけた歯ブラシにて、とんとんと軽くたたくとご紹介しましたが、この時になるべく外側からシミの内側に向かってたたくようにしていきます。
これがもし逆になってしまうと、シミはどんどん広がることになるので、必ず注意しておきたいポイントです。

もしあまりにもシミが小さいのであれば、歯ブラシを使用せずに、綿棒を使用してシミ抜きを行なうようにします。
そうすることで、溶けだした【ファンデーション】が余分に広がってしまうなんてことを避けることができるようになるので、シミ抜きが楽になることでしょう。

溶けだした【ファンデーション】の広がりにびっくりしてしまう前に、シミは外側から内側にかけて行なうというポイントについては、なるべく頭に入れておかれることをおすすめします。

関連記事