人気のファッション通販サイトはアパコレでチェック。国内、海外の最新ブランドからアパレル、ファッション情報を発信。自分の好きな服を選んで魅力アップ。

こうやって手入れする!知って得するデニムを長持ちさせる裏技5選

2016.10.16

%e3%81%ad%e3%80%80%e5%af%9d%e8%bb%a2%e3%81%b6%e7%94%b7%e6%80%a7

デニムは安価なものもあれば、高価なものもありますよね。
高価なものは大切にされがちですが、安価なものは雑く扱われてしまいがち。

しかし、安価なものだからと雑く扱ってしまっては、頻繁に買い替えを行なわなければいけないようになり、結局高額な維持費を必要とするようになります。
デニムのパンツは、あらゆる場面において活用できることで、使用頻度も高いものだと言えます。

そんなパンツを1枚でも購入枚数を減らすため、デニムを長持ちさせる方法についても考えてみませんか?

もちろん大切な1枚を長持ちさせることもできるようになるので、是非これからご紹介するデニムを長持ちさせる裏技については、簡単に頭に入れておかれてはいかがでしょうか?


洗濯時は裏返して洗う

デニムを洗濯する時。
他の洋服に、デニムの色がつかないようにするものの、デニム自体の色落ちに対しては、あまり注目されていないように感じます。

新しいデニムは色落ちが気になるものですが、ある程度洗濯をすれば、デニムの色落ちは落ち着きを見せます。

この頃から、洗濯の仕方により、色落ちを悪化させてしまうか、色落ちを軽減しながら長持ちさせることができるかにより、デニムの寿命を大きく左右することになるそうです。

ちなみにデニムの洗濯を行なう時は、なるべくなら裏返して洗う方が良いそうです。

裏返して洗うだけでも、他の衣類や洗濯機による摩擦を防ぎ、色落ちや色褪せ対策に繋げることができるそうです。
デニムを頻繁に洗濯しているような人はとくに、これからは裏返して洗うようにしておきましょう。


ファスナーは全て閉じて洗う

デニムを洗濯する時に、脱いだままの状態で洗ってしまっていませんか?

先程ご紹介した、裏返して洗うことに付け加え、ファスナーは全て閉じるようにします

ファスナーを閉じて洗うことにより、デニム生地のひっかかりを防ぐこともでき、デニムの傷みを軽減できると言われています。

ちなみにファスナーは、ウエスト部分についているもののみならず、お尻のポケット部分などに飾りとしてついているものなどもありますよね。
これら全てが生地を傷める原因となるので、全てのファスナーをまずは閉じるようにしてから、洗濯を行なうようにしておきましょう。

とくに裏返して洗うようになると、ファスナーを閉じなければ、他の部分にひっかかりやすくなります。

デニムを長持ちさせることを優先にして考えるのであれば、最初から装飾類の少ないものを購入するようにして、洗濯時の摩擦や刺激を軽減してあげることもおすすめです。


漂白剤入り洗濯洗剤を使用しない

衣類の洗濯洗剤といっても、最近のものは、かなり強力なものも販売されています。
除菌まで行えるような、清潔感を重視して洗濯を行なうようなものもありますよね。

その中の一つに、漂白剤入り洗濯洗剤と呼ばれるものもあります。

これは名称通り、わずかながらも漂白剤が入っているタイプの洗剤になります。
色落ちの気になるデニムに対して、漂白剤入り洗剤を使用してしまうなんてことになれば、更に色落ちスピードは加速してしまうことでしょう。

そこでデニムをいたわることを考えるのであれば、なるべくならデニム用の洗濯洗剤などを使用するようにしたいところ
色落ちのみならず、生地の傷みも軽減してくれるので、デニム用洗濯洗剤はおすすめですよ。


新しいデニムと一緒に洗う

デニムを長持ちさせる方法の一つに、新しいデニムと一緒に洗濯をするという方法もあります。

まだ購入仕立てのデニムのパンツなどは、色落ちが気になりますよね。
他の衣類への色の付着も、気になる方が多いことでしょう。

しかし、これを逆手にとれば、色褪せてしまったデニムに、息を吹き返すことができるようになるのです。

せっかく新しいデニムを購入したのであれば、是非一緒に古いデニムも洗濯されてみることをおすすめします。
しかしながら、せっかく購入した新しいデニムに傷つけることのないように、古いデニムのファスナーなどがひっかかることのないよう、十分に注意をしながら洗濯しなければいけません。

もしデニム同士の摩擦などが気になるようであれば、洗濯ネットを活用することもおすすめです。


裏返したまま逆さ干しがおすすめ

デニムのパンツが乾いたと思いいざ履いてみたら、ポケットの中だけまだ乾いていない。
このような経験はありませんか?

デニムは裏返すことなく干してしまうと、ポケットの中の生地にまでは、空気が触れにくくなります。

そこで、デニムのパンツ自体を裏返して干してしまうのです。

そもそも洗濯時にデニムは裏返した状態になっているので、あえてそこを元に戻す必要はありません。
裏返しておくことで、外的な刺激も防ぐことができるようになります。

また逆さに干してあげることで、型崩れ対策に繋げることもできるようになると言われています。

普段からデニムの傷みが早いと感じる人は、是非一度試してみてくださいね。

関連記事