人気のファッション通販サイトはアパコレでチェック。国内、海外の最新ブランドからアパレル、ファッション情報を発信。自分の好きな服を選んで魅力アップ。

今年の夏注目するべき柄アイテム

2015.05.08

おすすめアイテム

今回は今年の夏、ワードロープに揃えておくと安心な3つの柄のキーワードをご紹介します。

◆ストライプ
去年の夏頃から息の長いトレンドとして続くストライプです。ただ秋冬に流行ったレジメンタルストライプはやや流行遅れになる兆しで、ピンストライプは健在のようです。他にはワイドなランダムピッチ、マルチカラーのストライプも増えているとか。
「サルターバイK」(パックエース)のトーンが違う3色を使用したストライプのセットアップや、「ロージー」(ドリーム)のランダムピッチのストライプのワイドパンツ、「K」(光世)のシンプルな2色の先染めストライプのトップスとワンピースのセットアップを参考にして下さい。

◆ボタニカル、花
ヤシの木明るいグリーンやピンク、イエロー、ブルーなどカラフルなボタニカルや花柄が徐々に店頭に戻って来る様子です。「エスペラック」(インフィニティ)ではカラフルなヤシの木のプリント、「デイジー」(デイタイムスシー)でもオーガンジー素材にヤシの木のプリントをのせたセットアップが出て来ています。
「ザンパ」(ザンパ)では初夏、盛夏のアイテム共に白地に多色の花柄が多く出てくる模様です。素材は麻100パーセントなどもあるそうです。
「ディニテ・コルテ」(セモア)でも柄物では花柄が多いそうです。
気になるブランドはチェックしてみて下さい。

◆ギンガムチェック
去年の夏も人気だったギンガムチェックが、ヤングだけでなくキャリアなどにも出てくる様子です。ヤングとの違いは、素材で表情を出し、ギンガムでも高級感を持たせ、幼く見えすぎないこと。色は黒、紺、サックスなど定番の色が中心とのことです。
「ジェブシカ」(フレイアクリエイション)は、綿・リネンのスラブ素材にギンガムを乗せたアイテム、「ヴェロフォンナ」(サンウェル)は織りでギンガムチェックを表現するのではなく、手書き風のプリントでギンガムを表現し、去年よりも表情を変えたギンガムチェックが登場しそうです。

また形では圧倒的にセットアップ、またはさらっと着れるワンピースが多い様です。
まだまだ続くセットアップ人気。ついつい上下セットで買いたくなってしまいます。
今年も素敵なセットアップに巡り会えます様に。。。

関連記事