人気のファッション通販サイトはアパコレでチェック。国内、海外の最新ブランドからアパレル、ファッション情報を発信。自分の好きな服を選んで魅力アップ。

素人でも大丈夫!前髪を自分で切るテクニック

d13cd71db818595fdaf3406ffeed141c_s

すぐに伸びて気になる前髪は、わざわざ美容院に行くのは面倒だけどそのままだとジャマなもの。

思い切って自分で切る人も少なくないのではないでしょうか。

でも、素人が切るといかにもな切り方になったり、長さがバラバラなんて失敗も起こりえます。

そんなことのないよう、ポイントをしっかり押さえることが大切です。

 

パーツごとにしっかり分ける

まず前髪は、十分に乾いた状態で行います。

濡れていたりスタイリング剤が付いている場合は、長さが変わってしまったり切りにくくなることもあるので、素の乾いた状態がベストです。

次に、切る部分と切らない部分をきちんと分けます。

境目をしっかり作ることで量の失敗を防いだり、全体のバランスを見極めることができます。

 

前髪の中央部分だけを残し、両サイドはクリップなどでしっかり固定します。

そこから更に中央、両目頭の間の前髪だけ残し、別のクリップでとめます。

切り始める前のこの一手間がとても重要です。

はさみを入れるのは上斜めの方向に

084361

はさみを横にして切るのは、素人には難しいものです。

一気に切り過ぎてしまったり軽さが出にくいためです。

また、美容師さんのように縦に切るのも、技術が必要になるため素人さんにはおすすめできません。

簡単で失敗が少ないのが、はさみを上斜めに向けて切る方法です。

こうすることで、切り過ぎを防ぎつつ適度に段を入れることもでき、自然な仕上がりにすることができます。

 

はさみを持っていない方の手で、髪を1cm程度浮かせて固定します。

実際に切りたい長さよりも5mm程度下にはさみを入れ、少しずつ行うのがポイントです。

残りの前髪も同様に揃える

2回目にとめたクリップをはずし、中央部分の残りの前髪も同様に切っていきます。

この時、既に切った部分と合わせ、手で少し浮かせながら行うとやりやすくなります。
長さを合わせながら少しずつ切っていくのがコツです。

両サイドの初めにクリップでとめた髪は、そのまま残しても構いません。

後ろの髪につながる自然な流れで、違和感なくオシャレにまとまり、嬉しい小顔効果も期待できます。

切った部分に揃えれば、よりスッキリとした印象にまとまります。

しっかりパーツ分けをし、斜めに少しずつ切っていくことで、素人でも無理なく簡単に切り揃えることができます。

コツさえつかめば、失敗なく自分でできるようになるので、美容院に行く暇がない時にも慌てず、いつでも自信が持てるヘアスタイルを維持できます。

関連記事