人気のファッション通販サイトはアパコレでチェック。国内、海外の最新ブランドからアパレル、ファッション情報を発信。自分の好きな服を選んで魅力アップ。

2015-2016 ウィメンズパリコレ感じるシルエットとディテール

parikore01

前回からの大きなコレクションの流れでもある70年代がやはり強く、アメリカとヨーロッパのそれを基準としたシルエットとディテールアイテムが目を引きました。

クラシックでありヒッピーな佇まいです。

シルエット

大きく言うとビッグシルエット、ワイドシルエット、ルーズシルエット

各コレクションがしっかりと提案してきています。

ルーズでありワイド、ハイウエストにベルトで女性らしさを強調、

だらしなく見えるコーディネートに上品なファー使い、

ケープやポンチョと言ったトレンドアイテムをデザイナーらしくアレンジと言ったシルエットが全体的に印象的です。

女性の美しさや、女性が持つ色気をうまく使い、洗練されたルーズシルエットでした。

ディテール

70年代アメリカから連想されるディテールは各ブランドいたるところで見受けられます。

ご存知の通りフリンジ、このディテールもより長く多くなってきている様に感じます。

アクセサリーでは、ワンハンドでフラップ付きのBAGなど。

ブッシュパンツのポケットの様な軽めのワークの匂い。そしてパッチワークファブリック、

デニムがブリーチされた様な SAX な色目など。

70年代ヨーロッパから連想されるディテールは、ハイウエストパンツや、グレン、タータン、ウィンドウ、ギンガムと言ったクラシックな色合いが特徴的なチェック柄。

アイテム

parikore03
スカートでは秋冬コレクションだけどミニスカートが目を引き、足を出しているモデルが多数。しかし多くのデザイナーが発表しているのは、ミッドカーフ丈のスカートでした。

ミモレとも言いますが、ふくらはぎ真ん中程の丈。

そこにヒールのついたパンプスや厚底スニーカーの合わせです。

トップスはハイネックなアイテムが多く、

各デザイナーがハイネックを軸にドレス、コート、ワンピース、

それらとのレイヤーの組み合わせで多くのバリエーションが見受けられました。

見せ方の流行

ドレープ感のある生地をプリーツやドレープ生かしでラッフルに仕上げて

作り出されるドレスやジャケットなどもたくさんありました。

プリーツは昔からある技術で、考え方一つで動きが多きく出る便利な手法の一つです。

今季はそのプリーツを使い、しかもアシンメトリーでデザインをまとめるデザイナーが多かった様に思います。

プリーツと抱き合わせでラッフル、そしてそれに装飾させることでより一層目を引くデザインへと進化していました。

関連記事