人気のファッション通販サイトはアパコレでチェック。国内、海外の最新ブランドからアパレル、ファッション情報を発信。自分の好きな服を選んで魅力アップ。

『若いと』と『若作り』は全然違う!イタイと思われがちな3つの洋服パターン

す スマホで撮影する女性11

最近頻繁にTVでも取り上げられるようになった、『若い』と『若作り』の違い
同世代の人から見ると、若くて綺麗と思われがちな人でも、本当に若い人から見ると『単なるイタイ人』として扱われてしまいます。

そんなイタイ人として扱われてしまう女性には、共通する洋服パターンがあるのだとか。
今回は、イタイと思われがちな、3つの洋服パターンをご紹介します。


『若いと』と『若作り』は全然違う!

少し前にTVで10代の女性が、『年齢をはるかに超える、若作りをしていることがイタイと感じる』と話していました。
この女性の話しによると、『どんなに頑張っても、本当に若い女性とは違う。』『頻繁にメンテナンスをしなければ!なんて話している、その内容が怖い』ということでした。

しかし女性である以上は、誰だっていつまでも若々しく、綺麗でいたいと思うものです。
せっかく綺麗をキープできている女性が、イタイとなんて思われてしまうと、努力も水の泡と化してしまいます。

そこで、一般的にイタイと言われる洋服のパターンを知り、このパターンに当てはまる洋服の着用を避け、イタイ人なんて思われる要素をなくしていきましょう。


イタイと思われる服装

イタイと思われる服装は、
・上下過度に露出をする服装
・似合っていない服装
・無理をしていると感じる服装

この3つです。

その中でも
①ノースリーブ
②極端なミニスカート
③高すぎるヒール

この3つには、特に気をつけていきたいです。

若い頃は筋肉の発育も良いので、高いヒールを履いたとしても、それなりに安定感もありしっかりと歩けています。
しかし、年齢を重ねるうちに筋肉は衰えを見せ、高いヒールを履いて綺麗に立つというだけのことが、難しくなってしまうのです。

そこで美しさを求めるのであれば、あえてこの高いヒールはやめて、脚をしっかりと支えてくれるようなヒールのものを履く方が綺麗に見えます。
年齢と共に必要とする洋服が変わるのは、デザイン面だけではなく、体型をカバーしてくれる洋服を必要とするからなのです。


年齢に合った洋服が一番綺麗に見える

無理に若わしく取り繕うのではなく、年齢に合った洋服や靴を履き、その洋服をいかに綺麗で若々しく着こなすかにかけた方が、綺麗に見えるものです

20代の洋服を、30代になっても、40代になっても、体型が変わらないからと着続けてしまうことが一番イタイと思われてしまうポイントなので、年齢に合った洋服選びを行なうのも大切になってくるのですね。

関連記事