人気のファッション通販サイトはアパコレでチェック。国内、海外の最新ブランドからアパレル、ファッション情報を発信。自分の好きな服を選んで魅力アップ。

これが原因だったの・・・。洋服の毛玉を軽減できるコツ4選!

%e3%81%b5%e3%80%80%e3%81%b5%e3%82%8f%e3%81%b5%e3%82%8f%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%95%e3%83%ab

これからの季節は、衣類の毛玉が気になるようになります。
それは、毛玉ができる原因を知らずに、毛玉を作るような行動をしてしまっているからだとも言えます。

毛玉を絶対に作らないというのは難しいことでも、毛玉ができにくい環境を作ることはできるのです。

そこで今回は『これが原因だったの・・・。洋服の毛玉を軽減できるコツ4選!』についてご紹介していきます。


洗濯時は必ずネットに入れる


毛玉ができやすいセーターなどは、洗濯時の摩擦を嫌います。

摩擦が大きくなることにより、毛玉ができるのも早くなります。

頻繁なお手入れなしには、毛玉が大変気になるようになることでしょう。

そこで洗濯時には、必ずネットに入れるようにします。
こうするだけでも、衣類同士の摩擦を軽減できるようになります。

しかし、ネットも大きなものに入れてしまっては、ネットによる摩擦も大きくなります。
そこで、なるべくなら洗濯を行なう衣類に合わせて、ネットのサイズも調整できるようにいくつかの種類のものを用意しておくと良いです

最近では、100円均一ショップでも手に入れることができる洗濯ネット!
これならいくつかの種類を購入するにしても、家計に影響を与えることは少なくなりそうです。


柔軟剤の使用を考える

柔軟剤の使用を行なうことで、衣類の毛羽立ちを軽減することができます。
毛玉ができにくい環境を作るという意味でも、柔軟剤は一役買ってくれるものです。

柔軟剤は、洗濯洗剤と比較するとコスパが低いように感じてしまい、なかなか購入に繋げることができない人もいるかもしれません。
しかし、毛玉軽減という目的で使用をするのであれば、柔軟剤は高価な商品を使用する必要もありませんし、香りに特化した商品ではなくてももちろんOKです

また柔軟剤を使用する時は、決められた使用量よりも、多く使用している人が目立つと言われています。
たくさん使用してしまうことにより、すすぎの時に流しきれない柔軟剤により、肌トラブルや衣類のトラブルを招いてしまいます。

柔軟剤は、洗濯時の水の量に合わせて使いすぎることなく、適量を使用するようにしておくだけでも、柔軟剤購入回数を減らすこともでき、お財布にも優しい環境を作り出すことができるのでおすすめです。


毎日のように同じ洋服を着用しない

毛玉が発生しやすい洋服は、摩擦が加わることにより、毛玉を作ってしまいます。
毎日のように同じ洋服を着用することで、毛玉が発生しやすくなるのです。

摩擦はどんなに軽減しようと考えても、衣類同士のスレなどによっても、必ず発生してしまうものです。
一つの洋服をたくさん着用することになれば、その洋服は瞬く間に毛玉を発生させて、劣化してしまうことになるでしょう。

一枚の洋服を大切に長く着用することを考えるのであれば、着用・洗濯の頻度を軽減してあげるだけでも、衣類の寿命を延ばすことができます。

衣類への摩擦は、どんなに自分が軽減することを考えても、人通りの多い場所に行き、そこで他人の洋服にスレてしまうようなことがあれば、それだけでも毛玉発生の原因となるので要注意です。
とくに通勤・通学時の満員電車。
これも毛玉を作ってしまう大きな原因の一つ!

なるべくなら毎日のように同じ洋服を着用するのではなく、2~3枚の洋服を交互に着用するにようにしておきたいところです。

また最近は、オーバーサイズルックが人気を得ていますが、サイズの大きな衣類を着用することにより、衣類同士の摩擦も大きくなります。
毛玉を軽減することを考えるのであれば、なるべく体にフィットする衣類を着用されることをおすすめします。


毛玉はこまめにお手入れしましょう

できてしまった毛玉を放置してしまうと、その部分から毛羽立ちが起こり、毛玉の発生を促してしまいます。
できてしまった毛玉は、こまめにお手入れをするようにしましょう。

ついつい気になると指で引きちぎってしまいがちになる毛玉ですが、指でちぎってしまうと、毛羽立ちを促してしまうばかりです。
なるべくならできてしまった毛玉は、毛玉取り機などでカットできるようにしておきます。

ちなみに毛玉取り機は、衣類へのストレスを軽減できるように、刃が洋服にあたる割合を調節できるようなものもあります。
穴の開きやすい洋服などは、衣類にあたる刃の位置を調整してあげるだけでも、穴を開けることなくお手入れを行なうことができるようになります。

スポンジなどでも毛玉を取ることはできるそうですが、スポンジを衣類の上でくるくるとしてしまうことにより、衣類への摩擦はやはり大きくなると言えるので、なるべくなら毛玉取り機やハサミなどを使用して、毛羽立った繊維のカットを行なうようにされることがおすすめです。

たったこれだけでも、秋冬の衣類の毛玉のイライラを、軽減することができるかも!
今年の冬は、洋服の毛玉を軽減できるコツについても、一度参考にしてみてくださいね。

関連記事