人気のファッション通販サイトはアパコレでチェック。国内、海外の最新ブランドからアパレル、ファッション情報を発信。自分の好きな服を選んで魅力アップ。

汚れがひどくても問題なし!?二度洗いを軽減する洗濯の節約術PART5

%e3%81%84%e3%80%80%e5%ae%b6%e3%81%ae%e5%b0%8f%e7%89%a92%e5%80%8b%e3%81%a8%e3%82%b3%e3%82%b9%e3%83%a2%e3%82%b9

1回当たりの洗濯費用は、15円~35円程度必要になります。
※洗濯環境により異なります。

毎日2度や3度洗濯を行なう人の場合、洗濯をするだけでも月々に1,000円以上のコストが必要になります。

この費用を節約するためにも、汚れのひどい洗濯物に関しては、普通の洗濯ものとは異なる方法にて洗濯を行なうことがおすすめです。


汚れをできる限り落としてから洗濯する

洗濯の基本は、できる限り汚れを落としてから洗濯することです。
汚れを軽減してから洗濯することにより、1回の洗濯でも美しく仕上げることができます。

たとえば泥の場合であれば、外ではたいて土を落としてあげるだけでも、最終的な仕上がり度合いが全く異なります。

今の季節であれば、感染症による嘔吐などで衣類を汚してしまうこともあります。
この場合は、簡単に下洗いをして汚れを落とし、その後に洗濯をしなければ、吐物の残りが発生します。

臭いを発生しやすい衣類に関しては、石鹸などで軽く洗ってから洗濯することにより、臭いの残留を軽減することに繋がります。

下洗いを実施してから洗濯することで、二度洗いの手間を省くこともできるので、節約にも繋がるわけです。


簡単なシミ抜きを実施する

あなたはシミ抜きを実施してから、洗濯を行なっていますか?

たとえば、毎日のように着用する制服やユニフォームに関しては、皮脂汚れが発生しやすくなります。
皮脂汚れが発生することで、襟首や袖口に黄ばみを生じることも・・・。

皮脂汚れは、入浴時に使用する洗体用の石鹸で簡単に落とすことができますし、もし何度も洗濯をしてしまってシミついてしまっているような場合であれば、シミ抜きを実施してから洗濯を行なうようにします。

しかしながら、シミ抜き用の洗剤は、コスパが低い傾向にあります。
これを使用することにより、一回当たりの洗濯費用が割高になってしまいます。

また、漂白剤などを使用してしまうことで、衣類のダメージを増やしてしまいます。

そこで衣類の汚れを感じたら、身の周りにあるもの(洗体用の石鹸など)を使用して汚れを落とし、汚れが蓄積する前に洗濯を実施するようにします

一度洗濯をしてしまうと、汚れは染み付いてしまいます。
その為、『とりあえず洗濯機で洗濯をしてみて、落ちなければシミ抜きを行なう』これはNGです。

ちなみにファンデーションなどの汚れに関しては、クレンジングオイルと台所用の通性洗剤で落とすことができます。
自宅にあるものを代用してシミ抜きを行える方法も身に付けておくと、漂白剤などを購入する手間も省けるので、気軽にシミ抜きが行えるようになります。


汚れがひどい場合は付けおきする

汚れがひどい場合は、洗濯機で回してしまう前に、付けおきをするのが一般的です。

専用の洗剤を塗りこんで、ぬるま湯を入れた洗面器に浸しておくなど。
※洗剤によって付けおきの方法は異なります。

ただし、付けおきを頻繁に行なうことはおすすめできません。

衣類に洗剤を塗りこむ時間が長くなればなるほど、衣類へのダメージが増えてしまうケースも多々あります。
漂白剤を使用した場合などは、付けおきをしたことにより、衣類に穴を開けてしまうこともあるのです。

なるべくなら、下洗いや簡単なシミ抜きを実施する程度にして、付けおきはよほど汚れがひどい場合にのみ実施するようにしましょう


汚れに合わせて洗剤を使い分ける

洗濯洗剤には、
・粉末用洗剤
・液体用洗剤

上記があります。

この種類の異なる2つの洗剤は、分解してくれる汚れの種類も異なるのだそうです。

ちなみに幅広い汚れに対応をしているのは、コスパも高い粉末用洗剤なんですよ!

細かな説明は省きますが、液体洗剤の方が洗浄力も強いように感じますが、基本的には粉末洗剤の方が洗浄力は強いです

皮脂汚れなどに関しても、粉末洗剤の方が一般的に汚れを軽減してくれると考えられています。

しかしながら、除菌力に優れているのは洗剤の特性上液体であると考えられるケースが多く、洗濯層のカビを防ぐ力も液体洗剤の方が期待できると言われています。

また、汚れの種類によっては、液体洗剤(中性タイプ)を使用することが推奨されることもあります。
その他、粉末洗剤は洗浄力が強いあまりに衣類のゴワつきを発生させるケースも多く、柔軟剤がなければ使用できないと考える人もいるようです。

個々の洗剤の特徴を知り、洗濯内容によって使い分けるようにすることもまた、洗い直しなどの手間を省けるようになり、最終的には節約に繋げられると考えることができます。


まとめ

今回は、汚れがひどい洗濯物を、再度洗濯機を使用して洗浄する手間を省く、そんな節約術についてご紹介しています。

ちなみに今回ご紹介したのは
・汚れをできる限り落としてから洗濯する
・簡単なシミ抜きを実施する
・汚れがひどい場合は付けおきする
・汚れに合わせて洗剤を使い分ける

上記についてです。

頭ではわかっていても、面倒でなかなか実施できない部分をピックアップしてご紹介しているので、是非今後の洗濯時に役立ててくださいね。

関連記事