人気のファッション通販サイトはアパコレでチェック。国内、海外の最新ブランドからアパレル、ファッション情報を発信。自分の好きな服を選んで魅力アップ。

乾燥とさようなら!入浴後のボディミルクは“上がってすぐに”がマスト

733ac55b6e27988b2bfcf36f3059668b_s

肌が乾燥することで怒るさまざまな肌トラブルに悩んでいる人は少なくありません。
乾燥肌を予防するためには保湿することが重要ですが、保湿アイテムの使い方にもポイントがあります。

 

肌が乾燥してしまう原因

入浴後は体が温まり、肌もしっとりと潤っているように感じられますが、何の対策もとらないと肌からはどんどん水分が蒸発してしまいます。
人間の肌は本来ならば汗と皮脂とが混ざり合って天然の保湿クリームのように肌の表面を多い、肌を乾燥や刺激から守ってくれる役割を持つのですが、肌本来のその保護機能が低下した状態がいわゆる乾燥肌の状態です。

乾燥肌の人は肌の表面が無防備な状態になるため、さまざまな刺激を受けやすく、ちょっとしたことでも肌トラブルに繋がる可能性が高まります。
皮脂や汗によって作られる天然の保湿剤の働きが十分ではない乾燥肌には、入浴後に保湿効果の高い乳液やクリームなどを活用して肌を守る必要があります。

入浴後のボディミルクで乾燥肌を改善

560909600ebd13c78e02bbb8a9bdb713_s

肌の乾燥を防ぐ方法としてボディミルクを使うことがあります。
ボディミルクはクリームなどと比べると水分が多くて水分と油分を混ぜ合わせた乳液状になっており、保湿効果が高いのに塗ってもベタつきがすくなく、肌がさらりとした仕上がりになるのが特徴です。
そのため、空気の乾燥の気になる寒い季節だけでなく、汗をかくことの多い夏でも重くならずに使えるので重宝するアイテムです。

潤いを長時間キープする効果はクリームよりは弱いのですが、水分量が多くてべたつかないのでさらりと軽く仕上げるにはミルクのほうが適しています。

ボディミルクを効果的に使う方法

肌をキレイに保つためには常日頃の丁寧なケアは欠かすことが出来ません。
外側からだけでなく、身体の内側からも働きかけるためにバランスの取れた栄養を取れる食生活も大切です。
生活習慣の乱れを直すことは大切ですが、まずは乾燥肌を刺激から守るために、入浴後にはボディミルクを使って肌に保護ベールをかけてあげることを習慣にするのがおすすめです。
乳液タイプのものは軽くて伸びが良いので乾燥が気になる広い範囲にも簡単に塗ることが出来てたいへん便利なアイテムです。

そして塗るタイミングも重要です。
入浴後に体が温まった状態で、すぐにボディミルクを塗って保湿することが効果的です。
入浴後にすぐに塗ることで肌からの水分の蒸発を最小限にすることもでき、肌が乾燥して刺激を受けやすい状況になるのを防いでくれます。

関連記事