人気のファッション通販サイトはアパコレでチェック。国内、海外の最新ブランドからアパレル、ファッション情報を発信。自分の好きな服を選んで魅力アップ。

これがメリット!?女子がエクステに感じる3つの魅力

横たわる女性3

女子がエクステに感じる魅力。
それは、どのようなものなのでしょうか?

女子がエクステにはまってしまうのには、たくさんの理由があります。

今回は、エクステのメリットとも言い換えることができる、エクステの魅力についてご紹介していきます。

当たりまえのことだけど、読むことによりメリットを得られるかも!
そんな内容に仕上がっているので、是非最後まで読み進めてみてくださいね。


気軽にイメージチェンジを行なえる

エクステは、気軽にイメージチェンジを行なえるものです。
これを装着することにより、髪の長さを変えるというだけではなく、カラーリングの異なるものを装着してメッシュに見立て、おしゃれヘアを楽しむことも可能です。

最近人気のインナーカラーヘアも、エクステを利用すれば簡単に楽しめ、更に飽きればすぐに外すことができるのでおすすめです。

なかなか自毛では楽しめないおしゃれなヘアスタイルも、エクステを使用すれば期間限定で楽しめますよね。

気軽にイメージチェンジを行なえる。
これが、エクステの最大のメリットだと言えるでしょう。


気軽にロングヘアを楽しめる

一度髪をショートにしてしまうと、なかなか伸ばせないようになると話す人がいます。

中途半端に伸びた時に、毛先が癖づいてハネてしまう。
これが嫌で、ついつい髪を切ってしまうものです。

髪を伸ばしたいのに、毛先のハネが原因で、毎月のようにカットしてしまう。
このような人でも、エクステを利用すれば、気軽にロングヘアを楽しむことができるわけです。

ちなみにショートヘアの人が髪を伸ばしたいと考える場合、自毛が適度な長さになるまで、エクステをつけてハネたりする部分を隠して、髪がある程度長くなって落ちつきを見せるまで伸ばすなんて方法もおすすめです。

その他、毛量が少なくてペタっとしたような印象を受ける人の場合も、エクステを役立ててロングヘアを楽しみつつ、毛量増を希望されると良いです。

髪はふわっと毛量が多く長い方が、顔が小さく可愛く見えるという人もいるので、エクステも美容の一貫として役立てていきましょう。


女子力向上に繋げられる

ショートヘアは、ボーイッシュな印象を受けます。
対してロングヘアは、女性らしさを感じます。

艶やかなロングヘアを好む男性は、年齢問わずたくさんいるようです。

また、髪をばっさり切ってさっぱりとしてしまうよりも、ロングヘアを維持していた方が、女性らしい気分を保てるような気がしませんか?

女子力を向上させるためにも、ロングヘアは大変おすすめです。

しかし、自毛を綺麗な状態で伸ばすとなれば、なかなか困難を極めるものです。
傷まないように手入れを行ないながら、適度に毛先をカットして、美しさを保たなければいけません。

対してエクステでロングヘアを楽しむ場合は、エクステが傷んで嫌になれば、新しいものに付け替えを行なえば良いだけの話しです。

エクステを付けた後に、髪の色を変更したいなんて場合には、エクステと一緒に毛染めを行なえば良いだけの話しで、エクステをつけたからといって、ヘアケアに制限が入るというケースは少ないと言えるでしょう。

自毛とは異なるヘアケアを行なわなければ、艶やかな状態を長期に渡り維持することは難しくなり、維持費ばかりが大きくなるエクステですが、上手く利用すれば、自毛を伸ばすよりも気軽にロングヘアを楽しめるようになります。

普段からショートヘアで女子力が低いように感じ、女子力向上の一貫としてロングヘアに挑戦してみたいと考える人も、一度エクステを役立てられてはいかがでしょうか?


まとめ

今エクステに対するニーズが増し、人工毛が主流となっています。
しかし、これを装着することにより得られるメリットは多く、女性の方々には魅力溢れる存在であることは間違いありません。

現在、エクステをつけようかどうかに悩んでいる人も、きっとたくさんいるはずです。

今回のコラムでは、そんな女性の皆さんに向けて、エクステの魅力についてご紹介しました。

ちなみにエクステの3つの大きな魅力は
・気軽にイメージチェンジを行なえる
・気軽にロングヘアを楽しめる
・女子力向上に繋げられる

上記であると言えるでしょう。

エクステは維持費が高額であり、エクステの質やお手入れ方法によっては、装着後すぐに消耗を感じることもあります。

エクステ初心者の方の場合は、すぐにこれを傷つけてしまうかもしれません。

しかし、1ヶ月で付け替えると話す人もいれば、3ヶ月はつけたままなんて人もいるのが事実!

次回ご紹介するエクステのお手入れ方法についても参考にして頂き、少しでも消耗までの時間を延ばして、長期に渡りロングヘアを楽しめるように工夫してみてくださいね。

関連記事