人気のファッション通販サイトはアパコレでチェック。国内、海外の最新ブランドからアパレル、ファッション情報を発信。自分の好きな服を選んで魅力アップ。

オーガニックコスメってなに?誤解しがちなオーガニックの定義

new_36ee73ebc5ad0184ac6b22e361417e3a_s

コスメにこだわる人の中には、お肌が弱いから・化学製品が入っているものは嫌だから、ということで、オーガニック製品を選ぶ人も多いものです。

実際、オーガニック製品はお肌に優しく地球にやさしいのですが、結構誤解されやすいものでもあります。


天然成分しか使っていないからオーガニックというわけではない

まず、よく誤解されがちなのが、いわゆる「天然成分しか使っていないからオーガニック」というわけではないということです。

確かに天然の成分をつかっているのがオーガニックで、石油由来の成分を使っているというのがケミカルコスメということで嫌う人もいます。
ケミカルコスメとは科学的な成分や石油由来の成分を使っているということで、時にナチュラルコスメと全く反対に置かれることもあります。

ただ、天然成分しか使っていないからオーガニック、というわけではありません。
実はこの言葉の意味は「有機栽培による」ということで、つまり有機栽培された自然のものを使っているコスメではないと、そのように名乗ることはできません。

確かに成分表示を見ると植物エキスの名前がたくさん並んでいることもありますが、その植物そのものが有機栽培されいるかどうか、ということがポイントなのです。


天然の植物成分だからといって、肌に優しいわけではない

new_1d063d917e416053291eb778c191265c_s
また、このようなコスメによくある誤解としては、とても肌に優しいということです。
確かにこのような天然成分を多く使ったコスメは肌に優しく、効果も穏やかでしょう。

ただ、効果が穏やかなことと、効果がしっかり持続すること、また肌荒れをしないかどうか、ということはそれぞれ全く違う問題です。

実際、植物エキスの中にはアレルギーになるものもあり、例えば小麦アレルギーを持っている人が小麦成分の配合されたスキンケアを使って肌が真っ赤になった、という事例もあります。

このため、絶対に肌に対して優しい、ということではありません。特に植物アレルギーを持っている人の場合は、十分気をつけたほうがいい場合もあります。


日本では明確な基準がない場合も

最後に、残念ですが、日本のコスメ業界には明確な基準があるわけではありません。
このため、質の悪いところになると植物エキスを使っているというだけでこのような表示をしているところもあります。

一方、海外では厳密に決められた基準を満たしていればマークを付けて、買いたい人に対してのアピールになるものもあります。最近はこの海外基準を取り入れてクリアしている製品もありますので、どうしても有機的なものじゃないと、という人の場合は探してみましょう。

関連記事